コンテンツにスキップする

IMF専務理事:金融市場改革への勢いが弱まっていることを懸念

国際通貨基金(IMF)のストロ スカーン専務理事は17日、金融市場の規制改革への勢いが弱まってい ることを懸念していると述べた。

同専務理事はローマでの会合に際し、「勢いの減退について時々懸 念することがある。数カ月前ほど強制力は強くない」と語った。

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 望月千晶 Chiaki Mochizuki +81-3-3201-7292 cmochizuki@bloomberg.net Editor:Yoshito Okubo 記事に関する記者への問い合わせ先: Lorenzo Totaro in Rome at +39-06-45206326 or ltotaro@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Andrew Davis at +39-06-4520-6324 or abdavis@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE