コンテンツにスキップする

ECBのウェーバー氏:重債務国への恒久的な支援措置は回避を

欧州中央銀行(ECB)政策委員 会メンバー、ウェーバー独連銀総裁は、欧州首脳は重債務国への恒久 的な支援メカニズムを創設するのではなく、賢明な財政政策を後押し する奨励策に重点を置くべきだとの見解を明らかにした。

ウェーバー総裁は17日、フランクフルトでの講演で、「恒久的な 支援メカニズムの導入は何としても回避する必要がある」とした上で、 既に講じられた措置は「正当と認められる」ものの、これらを「資金 調達に先立つ恒久的な支援メカニズムの土台とすべきではない」と強 調した。

独連銀が公表した講演原稿によると、同総裁は、各国政府に堅実 な財政政策の維持を促す奨励策を増やすべきであり、また欧州連合(E U)の財政安定成長協定の強化も必要だと指摘した。同総裁はその一 方で、「予防手段の強化のみでは不十分」であり、「1つの選択肢は、 各国の破たんメカニズムの導入だろう」と語った。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE