コンテンツにスキップする

英BPのCEOは油井の安全性への注意を怠った-ワクスマン下院議員

英石油会社BPのトニー・ヘイワ ード最高経営責任者(CEO)は4月20日に爆発事故が起きたメキシ コ湾の油井の安全性に注意を払うことを怠っていたとの見方をヘンリ ー・ワクスマン米エネルギー・商業委員会委員長(民主、カリフォル ニア州)が示した。

ワクスマン委員長はヘイワードCEOを唯一の証人として迎えた 下院エネルギー・商業委の公聴会の冒頭、「BPが取った多大なリスク に注意を払っていた証拠は見当たらない」と述べ、「この油井の危険性 に少しでも注意を払ったことを示す電子メールや文書は一つもない」 と指摘した。

参考画面:翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 守護 清恵 Kiyoe Shugo  +81-3-3201-7499 kshugo@bloomberg.net Editor: Kanta Watanabe 記事に関する記者への問い合わせ先: Joe Carroll in Washington at +1-312-443-5928 or jcarroll8@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Larry Liebert at +1-202-624-1936 or lliebert@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE