コンテンツにスキップする

EU首脳会議:銀行課税を世界規模で推進-G20での調整は難航へ

欧州連合(EU)首脳は、銀行や 金融取引に対する世界規模での課税を推進させる方針を表明した。銀 行課税については、中国などが反対しており、来週開催される20カ 国・地域(G20)首脳会議で世界規模での規制をめぐり対立が予想さ れる。

メルケル独首相は17日、ブリュッセルでのEU首脳会議(サミ ット)後に記者団に対し、「公平な負担の共有を確実にし、システミ ックリスクを抑制するため、金融機関に課税するシステムを構築した いと考えている」と言及。さらに、「世界的なシステム構築も望んで いる」と加えた。

欧州各国は、G20首脳会議で共同戦線を張る方針を示した。G 20 はこれまで、カナダ、中国、ブラジルの圧力の下、銀行税の導入 を拒否している。これら3カ国の銀行は2008年の金融危機時、他国 と比較し損失が少なかった。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE