コンテンツにスキップする

EUとIMF:ギリシャは赤字削減で前進、ペースは目標上回る

ギリシャは総額1100億ユーロ(約 12兆円)の救済策を発動するため約束した財政赤字削減で前進して いる。欧州連合(EU)と国際通貨基金(IMF)の当局者が指摘し た。同救済策はEUとIMFがギリシャのデフォルト(債務不履行) 回避に向け取りまとめた。

EUの行政執行機関である欧州委員会のセルファース・デルース 経済財務総局次長は17日、アテネで記者団に対し、「こうしたプログ ラムはすべての主要な側面で順調に進んでいる」と述べた。

デルース氏は、ギリシャによる緊縮政策導入の進ちょく状況を検 証するEUとIMFの当局者チームの一員。ギリシャは域内で2番目 に大きい財政赤字を2014年にはEUが定める上限まで削減するため、 国内総生産(GDP)比で約14%に相当する緊縮政策を実施してい る。

同氏は、ギリシャの赤字削減は今年向けの計画で明記された目標 を上回るペースで進んでいるほか、増税効果で歳入が拡大していると 指摘。同国経済が予想ほど悪化しない可能性を示唆する兆候もあると 続けた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE