コンテンツにスキップする

IMFコタレリ氏:G20サミットに「銀行税」で報告書提出へ

国際通貨基金(IMF)の財政部 門責任者、カルロ・コタレリ氏は、金融機関の救済資金を賄うことを 目的に提言されている銀行税について、同税が与える影響についての 報告書を今月開催される20カ国・地域(G20)首脳会議に提出する ことを明らかにした。

同氏はローマでの会議で、銀行税案は「健在だ。これについての 報告書をカナダで開催されるG20会議に提出する」と発言した。

コタレリ氏は、欧州諸国が財政赤字縮小に向けて採用しつつある 予算削減措置については「適切であり、正しい方向にある」と評価し た。金融市場は、欧州の重債務国の財政状況について「過剰反応して いる可能性があり、やや悲観的だ」と続けた。

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: ロンドン 藤森英明 Hideharu Fujimori +44-20-7673-2178 hfujimori@bloomberg.net Editor:Tsuneo Yamahiro 記事に関する記者への問い合わせ先: Lorenzo Totaro in Rome at +39-06-45206326 or ltotaro@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Andrew Davis at +39-06-4520-6324 or abdavis@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE