コンテンツにスキップする

フィラデルフィア連銀製造業景況指数:6月は8に低下

米フィラデルフィア地区の6月の 製造業は拡大を示したものの、前月に比べて伸びは縮小した。

フィラデルフィア連銀が17日に発表した6月の同地区製造業景 況指数は8と、前月の21.4から大幅に低下した。ブルームバーグ・ ニュースがまとめたエコノミスト調査の予想中央値は20だった。同 指数はゼロが拡大と縮小の境目を示す。

項目別では、新規受注指数は9と、前月の6.1から上昇した。 一方、出荷指数は14.2と、前月の15.8から低下。雇用指数はマイ ナス1.5に落ち込んだ。

仕入価格指数は10(前月35.5)。販売価格指数はマイナス6.5 と、前月の3.5からマイナスに落ち込んだ。在庫指数は4.6と前月 のマイナス7.9からプラスに転じた。

4キャストのシニアエコノミスト、デービッド・スローン氏は、 「製造業はまだ緩やかな回復にとどまっているようだ」と述べ、「雇 用が落ち込んだということは製造業部門の伸びがそれほど強くない ことを示している」と指摘した。

ックしてご覧ください。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE