コンテンツにスキップする

エストニア:EU首脳がユーロ参加承認、17番目の採用国に-来年導入

欧州連合(EU)加盟国の首 脳らは、エストニアのユーロ参加を承認した。17番目のユーロ採 用国となる。エストニアは来年1月からユーロを導入する。

旧ソ連の共和国の1つだったエストニアは2004年にEUに 加盟。同国のユーロ参加を認める決定は、ギリシャに端を発した西 欧の債務危機を、東への共通通貨圏拡大の妨げにはしないというE Uの決意を示した。

17日のブリュッセルでのEU首脳会議のために用意された声 明によると、EU首脳らは、エストニアが「健全な経済・金融政策 により参加条件を満たした」と評価した。

エストニアの国内総生産(GDP)は140億ユーロ(約1兆 5760億円)で、ユーロ導入国としてはマルタに次ぎ2番目に経済 規模の小さい国となる。エストニア中央銀行のリプストク総裁は来 年1月から、欧州中央銀行(ECB)の政策委員会メンバーとなる。

エストニア通貨クローンのユーロへの転換レートは、7月13 日の財務相会合で設定される。現在は1ユーロ=15.6466クロー ンでペッグされている。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE