コンテンツにスキップする

ECBのクアデン氏:欧州は景気回復で後れ、財政規律の強化必要

欧州中央銀行(ECB)政策委 員会メンバー、ベルギー中銀のクアデン総裁は、欧州の景気回復は 米国やアジアなどに後れを取っていると指摘するとともに、各国政 府が財政規律を強化する必要があるとの考えを示した。

クアデン総裁はベルギー中銀が17日発表した金融安定に関す る報告書の序文で、「今回の回復は依然として極めて不均衡であり、 欧州は明らかに米国に後れを取っているほか、アジアや南米の多く の新興市場国・地域と比べると一層後れている」と指摘。「欧州連合 (EU)加盟国の一部について公的債務の持続可能性をめぐる懸念 が膨らみ、ユーロ圏内に深刻な緊張をもたらした」と分析した。

そのような緊張が高まった速度は当局のじん速な行動の必要性 を示しているとして、「特にユーロ圏では財政規律の強化が必要であ り、構造改革を加速させなければならない」と論じた。

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: ニューヨーク 楽山 麻理子 Mariko Rakuyama +1-212-617-4903 mrakuyama@bloomberg.net

Editor: Akiyo Kinoshita 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Jones Hayden at +32-2-285-4312 or jhayden1@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE