コンテンツにスキップする

5月英小売売上高:前月比0.6%上昇、予想以上-W杯効果

英国の5月の小売売上高は、エ コノミスト予想を上回る伸びとなった。南アフリカ共和国で開催の サッカーワールドカップ(W杯)を観戦するために大型テレビなど を購入する消費者が増え、家電製品の売り上げを押し上げた。

英政府統計局(ONS)が17日発表した5月の小売売上高指 数は前月比0.6%上昇となり、ブルームバーグ・ニュースがまとめ たエコノミスト21人の予想中央値(0.1%上昇)を上回った。4月 は同横ばい(改定前=0.3%上昇)に下方修正された。

英小売り3位のJ・セインズベリーは16日、W杯関連商品の 「販売が好調」だとし、5月16日までの3カ月の売上高が増加し たことを明らかにした。ただ、キャメロン政権が計画している大規 模な歳出削減が今年後半の消費の重しとなる可能性がある。

IHSグローバル・インサイトの英国担当チーフエ コノミスト (ロンドン在勤)、ハワード・アーチャー氏は電話インタビューで、 「6月は恐らくそこそこの数字になるだろう。イングランド代表チ ームのW杯での成績が良ければ、売り上げも一段と恩恵を受けるだ ろう」と語った。一方、「消費者は大きな逆風に直面しており、今後 数カ月の支出については楽観できない」と付け加えた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE