コンテンツにスキップする

中国株(終了):下落、投資判断引き下げで鉄鋼が安い-銀行は上昇

17日の中国株式相場は下落。 鉄鋼や医薬品株を中心に値下がりした。申銀万国証券が鉄鋼業界の 投資判断を引き下げたほか、医薬品株については複数のアナリスト が、利益見通しに対し株価は過大評価されている可能性があると指 摘したことが嫌気された。

宝山鋼鉄(600019 CH)は1%、河北鋼鉄(000709 CH)は

1.2%それぞれ下落した。鉄鋼メーカーの利益率が縮小する可能性が あると申銀万国証券が指摘したことが嫌気された。また、江蘇恒瑞 医薬(600276 CH)が医薬品株の下げをけん引。医薬品株は今年、 CSI300指数の業種別で2番目に高いパフォーマンスを示している。

一方、中国工商銀行(ICBC、601398 CH)や中国建設銀行 (601939 CH)は上昇。市中銀行の現金不足を和らげるため、中国 人民銀行(中央銀行)がより緩和的な金融政策を採用する可能性が あると中信証券(Citic証券)が指摘したことに反応した。

好望角股權投資管理(上海)の鄭拓社長は、「引き締め措置の 結果として、7-9月(第3四半期)に景気や企業収益の伸びが鈍 化するのは確実だろう」と述べた上で、「こうしたマイナス材料の 一部は株価にすでに織り込まれたもようだが、経済が二番底に陥る 可能性は大きい。相場はこの水準で推移するだろう」と語った。

上海証券取引所の人民元建てA株と外貨建てB株の両方に連動 する上海総合指数は、前営業日比9.70ポイント(0.4%)安の

2560.25で終了。上海、深セン両証取のA株に連動するCSI300 指数は同0.6%安の2742.73。中国株式市場は14日から16日まで 祝日のため休場した。

--Zhang Shidong. With assistance from Patricia Lui, Shiyin Chen,Chua Kong Ho and Diao Ying. Editors: Allen Wan, Richard Frost

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 関根裕之 Hiroyuki Sekine +81-3-3201-7850 hsekine@bloomberg.net Editor:Masashi Hinoki 記事に関する記者への問い合わせ先: Zhang Shidong in Shanghai at +86-21-6104-7014 or 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Linus Chua at +65-6212-1530 or lchua@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE