コンテンツにスキップする

武田薬:がん治療薬「CBP501」でキャンバスとの共同事業化契約を解消

武田薬品工業は17日、キャンバスが 創製したがん治療薬「CBP501」とそのバックアップ化合物につい て、2007年3月に締結した全世界を対象とする共同事業化契約を解消す ることで合意したと発表した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE