コンテンツにスキップする

中国社保基金:台湾の未公開株など海外投資を拡大へ-理事長

中国全国社会保障基金は、台湾の 証券をはじめ、海外の株式・債券への投資を拡大する計画だ。世界市 場が金融危機から回復する中、リターン(投資収益率)の向上を図る。

同基金の戴相竜理事長は17日、台北で、台湾を含めた海外の未公 開株に投資する方針も示した。理事長は「台湾当局の許可が下り、当 基金の条件に合致する対象があれば投資を開始する」と言明。海外市 場への「投資を徐々に拡大する」と述べたが、具合的な投資先には触 れなかった。

台湾の馬英九総裁が2008年5月に就任し、前任者による台湾独立 志向の立場を撤回したことを受け、中台関係は改善している。相互の銀 行や証券、保険会社への投資にかかわる規制も緩和された。また、中国 株式相場の上昇と政府の追加資金により、同基金の資産は昨年38%増 加し、7765億元(約10兆3800億円)に膨らんだ。

載理事長はまた、台湾のパートナーと共同で資産運用事業を設立 する可能性にも言及したが、詳細は明らかにしなかった。台湾当局は、 中国との経済協力枠組み協定(ECFA)を月内に締結する公算があ るとの見通しを先に示している

ユーロ、ドル

戴理事長はまた、欧州政府によるギリシャ支援基金が投資家の懸 念を和らげることから、ユーロが徐々に安定し始めるとの見通しを示 した。同理事長は5月21日、質問に応える形で、同社保基金は海外投 資に「非常に慎重」になると語っていた。

一方、ドルについては、長期的には下落する可能性があるものの、 国際通貨システムにおける支配的な地位を今後も維持すると予想した。

戴理事長によれば、基金の全ポートフォリオに占める海外の割合 は2009年末現在で約7%と、配分上限の20%を下回っている。

--Chinmei Sung. With assistance from Zhang Dingmin in Beijing. Editors: Janet Ong, Malcolm Scott.

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 藤田比呂子 Hiroko Fujita +81-3-3201-8662 hfujita2@bloomberg.net Editor: Akiko Kobari, 記事に関する記者への問い合わせ先: Chinmei Sung in Taipei at +886-2-7719-1543 or csung4@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Janet Ong at +886-2-7719-1542 or jong3@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE