コンテンツにスキップする

【中国・注目株】万科企業、保利房地産、上海汽車、神華能源

中国株式市場の主な注目銘柄は以 下の通り。株価と株価指数は11日の終値。上海総合指数は7.36ポイ ント(0.3%)高の2569.94。CSI300指数は0.3%高の2758.87。

不動産株:北京の統計当局は11日の市場取引終了後に、5月の同 市の中古住宅平均価格が前月から17%低下して、1平方メートル当た り1万2661元となったと発表した。野村ホールディングス(HD)の 香港在勤エコノミスト、孫明春氏は16日のブルームバーグテレビジョ ンとのインタビューで、同国不動産市場のバブルは極めて早急に崩壊 し、向こう1年から1年半の間に価格は最大20%下落する見通しだと 述べた。

中国最大の上場不動産開発会社、万科企業(000002 CH)の株価は

0.3%安の7.13元。同2位の保利房地産集団(600048 CH)は1.2%高 の11.18元。

上海汽車集団(SAICモーター、600104 CH):米ゼネラル・ モ ーターズ(GM)と上海汽車集団の合弁自動車メーカー、上海GMは、 12種の新型エンジン導入に伴い、2015年までに燃費を15%改善する ことを目指すと表明した。中国最大の自動車メーカー、上海汽車集団 は0.3%高の12.40元。

中国神華能源(601088 CH):中国石炭最大手の中国神華能源は、 5月の石炭売上高が前年同月比3.7%増の2270万トンになったと発表 した。生産量は0.5%減の1810万トンだった。同社はまた、5月の電 力販売が72%増加したことを明らかにした。株価は0.8%高の23.35 元。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE