コンテンツにスキップする

「ブラック・スワン」著者:キャメロン首相は「非凡」-政治評論誌

不確実性が市場に及ぼす影響を取 り上げてベストセラーとなった「ブラック・スワン」の著者、ナシー ム・タレブ氏は、キャメロン英首相について、経済をより強く立て直 すために「残された唯一の人材」との見方を示した。政治評論誌ニュ ー・ステーツマンとのインタビューで語った。

同誌が公表したインタビュー記録によれば、タレブ氏はキャメロ ン首相が「非凡」であり、「専門的な問題を理解している」と指摘。こ れとは対照的に「バラク・オバマ米大統領はさっぱり分かっていない」 と発言した。

タレブ氏はキャメロン首相とロンドンで1時間にわたって会談後、 ニュー・ステーツマン誌とのインタビューに応じた。同氏は「ワシン トンにも行ったが、現実の問題と何の関係もない会話が続いた。そこ で『キャメロン氏こそ残された唯一の人材』と考えるに至った」と話 した。

キャメロン政権は16日、リテール銀行業務と投資銀行業務の分離 など、今後の金融業界の構造や規制について研究する委員会の設立を 発表した。タレブ氏は首相の財政赤字削減策を称賛し、「腫瘍(しゅよ う)を除去するにはある程度痛みを受け入れなければならない。今日 の社会の人間がひ孫の代の金まで使ってしまうのは道義に反する」と 述べた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE