コンテンツにスキップする

英BP:米中西部最大規模の製油所拡張工事で人員削減-建設会社

英BPは、米中西部で進めている 38億ドル(約3500億円)規模の製油所拡張工事で人員を削減してい る。拡張事業に関与している建設会社が明らかにした。この製油所は中 西部で最大規模。

拡張工事をしているのはインディアナ州ホワイティング製油所でシ カゴの南東約20マイル(32キロメートル)にある。請負業者の1つ、 スーペリアー・コンストラクションのバイスプレジデント、ティム・ク ーソン氏は、パイプ接続業者、作業員、建設業者が解雇されていること を明らかにした。影響を受けている建設・エンジニアリング会社は最大 6社に上るという。

BPの広報担当、スコット・ディーン氏によると、この拡張工事は BPが世界で展開中のプロジェクトの中でもコスト面から見て最大規模 で、「建設段階のピーク」に入っており3500人を雇用している。雇用 者数は建設段階によって異なる。

ディーン氏によると、拡張工事の支出計画はメキシコ湾原油流出事 故に関連する費用には影響されず、予定通り2012年の完成を目指して いる。

製油所拡張工事の外部労働力のうち10%を提供しているスーペリ アー・コンストラクションのクーソン氏は、「BPは今年初めにはこの 事業に多額の費用を掛けていたが、今は削減している」と述べた。

クーソン氏は解雇者数や解雇期間については分からないとし、自社 派遣の労働者が何人解雇されたか明言することを避けた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE