コンテンツにスキップする

日本株は輸出中心に6日ぶりに反落、米住宅やユーロ警戒

東京株式相場は6営業日ぶりに反 落。米国の住宅着工件数が予想以上に落ち込んだほか、為替市場のユー ロの軟調な動きが響き、電機など輸出関連株中心に下げた。直近の上昇 率が高かった業種も反動売りに押され、ガラス・土石製品株は東証1部 33業種の下落率首位だった。

日経平均株価の終値は前日比67円75銭(0.7%)安の9999円40 銭、TOPIXは4.90ポイント(0.6%)安の887.48。日経平均は前 日、約1カ月ぶりに1万円を回復したが、わずか1日で大台を割れた。

ちばぎんアセットマネジメントの桶矢正嗣運用部長によると、「過 度なリスク回避の巻き戻しがひとまず落ち着き、投資家は次に資金の流 れがどこに向かうか、様子をうかがっている」という。今後は欧州財政 問題と中国の金融政策動向を再度確認する必要があるとし、「連騰によ る上昇幅が大きかっただけに、当然の反動が起こりやすい」と話した。

きのうの米国株は高安まちまちで、為替市場ではユーロの戻りも一 服。端午節で今週は前日まで休場だった中国株式市場の再開後の不安定 さも加わり、積極的に買い上げる材料に乏しかった。日経平均はことし 初の5連騰となったきのうまでの連騰期間中に628円(6.7%)上昇、 心理的な節目の1万円を達成したことで、戻り売りも出やすかった。

米住宅は政策効果はく落、スペイン入札

5月の米住宅着工件数は年率換算で前月比10%減の59万3000戸 と、ブルームバーグがまとめた予想中央値64万8000戸を下回った。住 宅購入者向けの税控除措置が終了、政府支援を失った反動が出ている。 また、小荷物輸送の米フェデックスの利益見通しが市場予想を下回った ことも、世界の景気回復は期待ほど早くは進まないとの懸念につながっ た。

住友信託銀行の瀬良礼子マーケット・ストラテジストは、日本株に ついて「今期業績予想から見たバリュエーションに割安感はあるが、持 続性に対する警戒感がある」と話す。投資家の気迷いムードを映し、東 証1部の売買代金は1兆1408億円と、きのうから8.6%減少、前日ま での6月の1日平均(1兆3600億円)を16%下回った。

一方、為替市場では、ユーロ・円が一時1ユーロ=111円85銭と、 きのうの東京株式市場の通常取引終了時点の112円70銭台からユーロ 安・円高となった。17日には、スペインで10年物と30年物の国債発 行を控えている。「ドイツ国債との利回り格差が広がっているだけに、 結果を確認したい」と、立花証券の平野憲一執行役員は言う。

業種別で下落が目立ったのは、きのうまでの日本株の5連騰期間に 上昇率上位だった業種。ガラス・土石製品を筆頭に、精密機器、電気機 器、海運、機械が業種別指数の下落率上位に並んだ。東証1部の売買高 は概算15億266万株。値上がり銘柄数は531、値下がり銘柄数は983。

任天堂が6連騰、JUKIは急落

個別の材料銘柄では、新型ゲーム機「ニンテンドー3DS」は予想 を上回るハードウエアだとして、UBS証券が格上げした任天堂が6連 騰。19日に繰り上げ償還の期日を迎えるユーロ円建転換社債型新株予 約権付社債(CB)の資金手当てを終えたことが明らかになった武富士 は3連騰となった。メキシコ湾の原油流出に伴う損害賠償に備えて英B Pが200億ドルの拠出に合意したことで、子会社を通じて事故の起きた 探鉱鉱区の権益10%を保有する三井物産は不透明感後退から続伸。

半面、東証が信用取引の委託保証金率を17日売買分から50%以上 (うち現金20%以上)に引き上げたJUKIが急落。携帯電話メーカ ー最大手、フィンランドのノキアが4-6月(第2四半期)と2010年 通期の業績見通しを下方修正したことで、ヒロセ電機や日本写真印刷な ど取引メーカーの一角が売られた。東証1部値下がり率上位には、ソー スネクスト、川崎重工業、日本製鋼所などが入った。

新興市場は反落

新興市場はそろって反落した。ジャスダック指数の終値は前日比

0.1%安の51.79、東証マザーズ指数は2.4%安の413.32、大証ヘラク レス指数は1.1%安の628.74。

個別の材料銘柄では、10年3月期の有価証券報告書を期限の6月 末までに提出できない見通しの日本風力開発が3日連続のストップ安と なり、子会社のファンドが投資しているスパークス・グループも大幅続 落。売買代金上位ではプロパスト、ミクシィ、クルーズが下げた。

半面、10年5月期の連結営業利益が従来予想比3倍の3億3000万 円になったもようのビズネットが値幅制限いっぱいのストップ高。第1 四半期(4-6月)営業利益が従来予想の6.3倍になる見込みと発表し たインヴァスト証券は続伸した。売買代金上位では、セイクレストやア ルチザネツトワークスがストップ高となった。

--取材協力:近藤雅岐Editor:Shintaro Inkyo、Makiko Asai

参考画面: 記事についての記者への問い合わせ先: 東京 長谷川敏郎 Toshiro Hasegawa +81-3-3201-8361 thasegawa6@bloomberg.net 記事についてのエディターへの問い合わせ先: 東京 大久保義人 Yoshito Okubo +81-3-3201-3651 okubo1@bloomberg.net 東京 Darren Boey +852-2977-6646 dboey@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE