コンテンツにスキップする

英BP会長:200億ドルの拠出で米大統領と合意-原油流出事故補償

英石油会社BPのカールヘンリ ック・スバンベリ会長はオバマ米大統領と会談し、メキシコ湾の原油 流出事故に伴う「すべての妥当な損害賠償請求」に対応するため200 億ドル(約1兆8300億円)を拠出することに合意した。

スバンベリ会長は16日にホワイトハウスで行われた大統領との 会談は建設的だったと述べ、「大統領は一般市民を大事に考えている ため、いら立ちを感じている。われわれも一般市民を気にかけている」 と表明。「大手石油会社は強欲で一般市民を気にしないというコメン トを時折耳にするが、BPにこれは当てはまらない。われわれは一般 市民を大事に考える」と強調した。

同会長とオバマ大統領、大統領の上級顧問との会談は、BPのリ グ(石油掘削装置)の爆発事故による原油流出の影響を受けているメ キシコ湾沿岸の住民や事業者への補償計画を打ち出すために開かれ た。同会長は原油流出について謝罪し、起こってはならない事故だと 述べた。会談にはBP側からトニー・ヘイワード最高経営責任者(C EO)、BPアメリカ社長らも出席した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE