コンテンツにスキップする

米ファニーとフレディ株、NY上場廃止へ-FHFAが指示

米連邦住宅金融局(FHFA) はファニーメイ(連邦住宅抵当金庫)とフレディマック(連邦住宅貸 付抵当公社)に対し、ニューヨーク証券取引所(NYSE)から普通 株と優先株の上場を廃止するよう指示した。これを受けて両社の株価 は急落した。

FHFAのエドワード・ディマーコ局長代行は、「現時点で自主 的に上場を廃止することは単純に理にかなっており、資産を保持、保 護するという管財の目標に合致する」と述べた。

ファニーメイとフレディマックは住宅価格の急落による損失拡大 に伴い2008年に政府の管理下に置かれた。政府が株式の80%を保 有するほか、バンガード・グループ、ブラックロック、キネティク ス・アセット・マネジメント、カリフォルニア州の年金基金も株式を 保有している。両社は今年1-3月(第1四半期)に財務省から 1450億ドルの資金注入を受けた。

スタイフェル・ニコラスのボルティモア部門で株式トレーディン グのマネジングディレクターを務めるデービッド・ラッツ氏は、上場 廃止となれば、「公的資金の大部分を使い果たしているブラックホー ルのような両社について、いくらか透明性が失われることになる」と 指摘した。

ディマーコ氏によると、上場廃止が完了すれば、両社の普通株と 優先株はOTCブレティンボードで取引される見通し。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE