コンテンツにスキップする

ECBのクアデン氏:ユーロ圏は緩やかに回復-輸出と新興市場が支え

欧州中央銀行(ECB)政策委員 会メンバー、ベルギー中央銀行のクアデン総裁は、ユーロ圏経済が輸 出と新興市場を支えに緩やかに回復しているとの認識を示した。

同総裁は16日、ブリュッセルでの記者会見で、ユーロ圏経済は「昨 年の大幅な後退に対し、現在は緩やかに回復している。他の先進工業 国との比較において緩やかということだ」とした上で、中国とインド、 ブラジルが世界「経済の回復をスタートさせた」と述べた。

「ベルギーでも欧州でも、輸出が2010年の成長の原動力となった。 世界の他の地域の力強い成長からの恩恵だ」と続けた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE