コンテンツにスキップする

シュタルクECB理事:ユーロ圏にインフレリスクない-ツァイト紙

欧州中央銀行(ECB)のシュ タルク理事は、ユーロ圏にインフレリスクは見られないとの認識を 示した。ドイツの週刊紙ツァイトがインタビューを基に報じた。

シュタルク理事は同紙とのインタビューで、「今後2年の見通し に関しては、インフレの脅威はない」と言明。また、市中銀行間の 相互不信によって、資金は融資に回らずECBへの翌日物預金とし て滞留していると指摘した。

さらに、ユーロ圏の重債務国向け救済基金を擁護し、通貨連合 が資金や債務の「移転連合になることはない」と述べたという。

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: ロンドン 藤森英明 Hideharu Fujimori +44-20-7673-2178 hfujimori@bloomberg.net

Editor: Akiyo Kinoshita 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Matthew Brockett at +49-69-92041-224 or mbrockett1@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE