コンテンツにスキップする

ECB:ギリシャ国債に5%ヘアカット適用-格下げで(訂正)

欧州中央銀行(ECB)は、融 資の担保として受け入れるギリシャ国債に5%のプレミアムを新た に要求すると明らかにした。米格付け会社ムーディーズ・インベス ターズ・サービスが同国の信用格付けを投資不適格(ジャンク)級 に引き下げたことを受けての措置。

ECBの報道担当者によると、いわゆるヘアカット(掛け目、 担保価額の割引率)はギリシャ国債に適用される。ムーディーズは 14日、同国債を「A3」から「Ba1」に引き下げた。

ECBは2008年の米リーマン・ブラザーズ・ホールディング スの破たん後、リファイナンスオペで受け入れる担保の基準を緩和。 受け入れる債券の最低格付けは「A-」から「BBB-」に引き下 げられた。しかし、格付け「A-」を下回る証券には5%のリスク プレミアム、いわゆるヘアカットを追加で課すことを決めた。「A-」 は、ムーディーズによる格付けでは「A3」に相当する。

ECBは今年、ギリシャの全ソブリン債を担保として受け入れ ることに同意したが、同報道担当者によると、ヘアカット規則は依 然適用される。この変更により、市中銀行はギリシャ国債を担保と したECBからの借り入れがより高くつくことになる。5%のヘア カットは、ECBの市中銀行への融資額が資産価値の95%となるこ とを意味する。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE