コンテンツにスキップする

英BP債の保証料が過去最高-デフォルトの確率36%織り込む

クレジット・デフォルト・スワッ プ(CDS)市場では、英石油会社BPが5年以内にデフォルト(債 務不履行)に陥る確率が36%織り込まれている。BPは米史上最悪の 原油流出事故による浄化コストと賠償請求をめぐりオバマ政権と協議 している。

CDS評価の標準モデルを使用したCMAデータビジョンの価格 情報によると、CDSで示唆されるデフォルトの確率は1カ月前の 7%から上昇した。BPのCDSスプレッドは70.5ベーシスポイン ト(bp、1bp=0.01%)上昇し576.5bpと、終値ベースで過 去最高水準となった。来年償還を迎えるBP債は16日、米国債に対 する利回り上乗せ幅(スプレッド)が一時は1251bpと、ディスト レスト債の水準に達した。

BPの経営陣は16日にオバマ米大統領とホワイトハウスで会談 し、メキシコ湾岸地域住民の補償基金に今後数年で約200億ドル(約 1兆8300億円)を拠出することに同意した。同社の2009年の営業 キャッシュフロー(現金収支)は277億ドル。格付け会社フィッチ・ レーティングスはBPの格付けを従来の「AA」からジャンク(投機 的)級を2段階上回る「BBB」に6段階引き下げた。

ヘッジファンドのサンカス・キャピタル・マネジメント(ニュー ヨーク)のパートナーで調査責任者のジェーソン・チェン氏は「最終 的な責任の範囲や政府の今後の対応について不透明感が依然として強 い」と述べた。

米金融取引業規制機構(FINRA)の債券価格報告システム、 トレースによると、2011年償還のBP債(表面利率1.55%)の価格 はニューヨーク時間16日午後2時49分(日本時間17日午前3時49 分)現在、額面1ドル当たり0.75セント上昇して93セント。補償 基金への拠出合意のニュースが伝わる前には一時88セントに下落し た。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE