香港株(終了):4日ぶり反発-増益決算で建設銀など銀行株高い

香港株式相場は4日ぶりに反発。 中国の大手銀行が増益となったことを受け、世界経済が回復を続ける との期待が広がった。

中国最大の銀行、中国工商銀行(ICBC、1398 HK)は1.9%高、 同2位の中国建設銀行(939 HK)は4.2%上げた。1-3月期決算で、 ICBCは18%増益、建設銀は34%増益となった。国内2位の保険会 社、中国平安保険(集団)(2318 HK)は4.9%上昇した。

香港上場の中国製鉄会社としては最大の鞍鋼(アンガン・スチー ル、347 HK)は3.4%高。1-3月(第1四半期)が増益となり、1 -6月(上期)に黒字を確保するとの見通しを示したことが買い材料 となった。青島ビール(168 HK)は4%上げた。

ハンセン指数は前日比329.67ポイント(1.6%)高の21108.59 で終了。週間ベースでは0.6%下げた。ハンセン中国企業株(H株) 指数は前日比2.5%高の12181.20。

サムスン・インベストメント・トラスト・マネジメントのポーリ ーン・ダン最高投資責任者(CIO)は、「企業利益は成長の勢いがま だ続いていることを示している」と指摘し、「ギリシャの債務危機で数 四半期は鈍化するだろうが、全体的にアジアへの大きな影響はないだ ろう」と述べた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE