1-3月期GDPは年率6%成長、2期連続プラス-民間機関予測

国内の民間調査機関は、30日ま でに公表された鉱工業生産などの経済指標を受け、今年1-3月期の 国内総生産(GDP)1次速報値の予測を相次いで発表した。それに よると、同期は民需と外需がともに伸び、前期比年率換算で6%台の 高成長が見込まれている。内閣府は5月20日午前8時50分に1次速 報値を公表する。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。