オリジン電:今期黒字化狙う、パネル用新製品で-iPad需要の声も

精密機器部品を製造するオリジン 電気は、今期(2011年3月期)に3期ぶりの純損益黒字化を目指す。視 認性に優れたタッチパネルを製造できる新製品について、携帯電話やカ ーナビゲーション向け需要を期待している。宮下憲夫取締役(61)がイ ンタビューで明らかにした。

斜めからでも見やすく、明るいパネルをつくれる新製品MDB (Mobile Display Bonder)は、4月の受注で今期売上高目標5億円を 達成した。タッチパネルで情報を入力する携帯端末の普及拡大を踏まえ て宮下取締役は「経営環境は前期と比べ雲泥の差で今期黒字化は絶対条 件だ」と強調した。今期見通しは5月13日に開示する。

前期は純損失が38億円程度に拡大したもようだと2月に業績を下 方修正した。無配を継続する。付加価値の高い海外での受注回復の遅れ などが響いた。オリジン電株のこの日の終値は380円。1月にはMDB への期待で今年最高値の447円を付けた。

米調査会社ディスプレイサーチのタッチパネル部門アナリスト秋山 尊謙氏はMDBについて、米アップル社の「iPad(アイパッド)」 向けに需要が期待できると予想した。「ガラスを使い重量もあるiPa dのパネルが、オリジン電の装置で樹脂を使う軽いパネルになり、効率 や利便性も高まる」と述べた。iPadについて宮下氏は「個別の案件 についてはコメントできない」と述べている。

オリジン電株は、欧州最大の政府系ファンド(SWF)ノルウェー 政府年金基金を管理するノルウェー銀行が5.07%を保有している。宮下 氏はノルウェー銀との接触はないと前置きした上で、「MDB関連を評 価して保有しているのではないか」と語った。ノルウェー銀は東京電力 を含めて1323社の日本企業の株を持っている。コミュニケーションア ドバイザーのオイスタイン・シャーリー氏は電子メールで株主提案につ いて、これまで日本企業に対してはなく、昨年は米国企業にしたことを 明らかにした。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE