中国株(午前):7日続落、不動産の投機抑制による景気減速懸念で

30日午前の中国株式市場で、上 海総合指数は7営業日続落。月間ベースでの下げ幅を広げた。不動 産市場の投機抑制に向けた政府の取り組みが経済成長を鈍化させ、 内需を損なうと懸念された。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。