ゴールドマン:中国の深セン・ヘパリンクへの投資で200倍利益-FT

米金融機関ゴールドマン・サック ス・グループは、中国の深セン・ヘパリンク・ファーマシューティカル への投資で200倍の利益を上げたもようだ。英紙フィナンシャル・タイ ムズ(オンライン版)が29日報じた。同紙によれば、ゴールドマン は2007年にヘパリンクの株式の12.5%を490万ドル(約4億6000万円) で取得。同社が今週、深セン市場で新規株式公開(IPO)を実施した 結果、ゴールドマンの持ち株の価値は67億元(約924億円)に膨らん だ。ゴールドマンの広報担当、エドワード・ネイラー氏(香港在勤)は 報道に関してコメントを控えている。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE