3月失業率は5.0%に悪化、有効求人倍率は3カ月連続で改善

3月の国内雇用指標は、完全失業 率が前月から悪化し、有効求人倍率は3カ月連続で改善した。輸出や 生産の回復を背景に雇用環境も徐々に改善しつつあるが、企業の雇用 過剰感は依然払しょくされていない。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。