3月の現金給与額は0.8%増、1年10カ月ぶりに前年比プラス

3月の1人当たりの現金給与総額 は、1年10カ月ぶりに前年比でプラスとなった。輸出拡大に伴う景気 回復基調が賃金にも波及する兆しが出ている。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。