中国建設銀:1-3月期は34%増益、不良債権コスト減で

時価総額で世界2位の銀行、中 国建設銀行の1-3月(第1四半期)決算は、純利益が前年同期比 34%増加した。不良債権に絡むコストの減少や融資需要の拡大が寄 与した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。