ロシア中銀が利下げ、1年で13回目-景気刺激と融資促進で

ロシア中央銀行は29日、景気 てこ入れと融資促進を狙い、1年余りで13回目となる利下げを発表 した。インフレ加速見通しを背景に、同中銀による利下げ局面は終り に近づきつつある。

同中銀はウェブサイトに掲載した声明で、主要政策金利のリファ イナンス金利を0.25ポイント引き下げ8%とした。1日物と7日物 のレポ金利も7.25%から7%に引き下げた。30日から実施する。ブ ルームバーグがまとめたエコノミスト調査では、27人中20人が同 決定を予想していた。同中銀は翌日物預金金利も2.75%から2.5% に引き下げた。

ロシアのインフレ率は3月に6.5%となり、今後加速し始めると みられている。ロシア中銀は今年7-12月(下期)に利上げし始め る可能性を示唆している。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE