ルービニ教授:政府債務の増加を警告-高インフレかデフォルト招く

米ニューヨーク大学のヌリエル・ ルービニ教授は、日米欧の政府債務の増加は最終的にインフレ加速、あ るいは政府のデフォルト(債務不履行)を招くとの見通しを示した。

ルービニ教授は28日、カリフォルニア州ビバリーヒルズで開か れたミルケン・インスティチュート・グローバル・コンファレンスで 金融市場について討論した際、「今日の市場はギリシャを懸念している が、ギリシャは氷山の一角、もしくはもっと広範囲にわたる財政問題 がひそんでいることを知らせる炭鉱のカナリアにすぎない」と指摘。 こうした結末を回避するには税収を増やすだけでは不十分との見解を 示した。

同教授の発言は、世界経済は依然としてリスクに直面していると 指摘する国際通貨基金(IMF)のストロスカーン専務理事など、当 局者らの考えに同調するもの。この2日間に起きたギリシャとポルトガ ル、スペインの格下げは、欧州諸国の債務危機は拡大しているとの投 資家の懸念に拍車を掛け、救済策を拡充するよう政策当局に対する圧 力を高めている。

ルービニ教授は「わたしが懸念しているのは政府債務の増加だ」 と発言。この問題で対応を怠れば、当局が財政不足を補うため債務を マネタイズ(貨幣化)するか紙幣を印刷する中で、国家はデフォルト またはインフレ加速に悩まされることになると語った。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE