【主要朝刊】辺野古最終案、日航撤退、独法36事業廃止、野村黒字

朝刊各紙の主なニュースは以下の 通りです。

【各紙】 ▽辺野古に桟橋滑走路で最終調整へ-「普天間」移設で政府案 ▽日航撤退、国内線30路線、国際線15路線を年度内に廃止 ▽独立行政法人の36事業を廃止-事業仕分け第2弾の前半終了 ▽野村ホールディングスが677億円の黒字-税引き後3年ぶり ▽マイルドセブンは410円、JTが10月1日から103銘柄値上げ

【日経】 ▽パナソニック、新興国向け専用家電を集中投入-12年度に20品目 ▽双日、サウジで大規模発電プロジェクトに参画-投資額は100億円 ▽JCOM、KDDIと年内にも固定電話サービス一元化-森泉社長

【朝日】 ▽政府と電力3社が「国際原子力開発」設立へ-世界で売り込み強化 ▽国内法人向け元建て口座、メガバンクで初-みずほコーポ銀

【毎日】 ▽ハブ化へ羽田空港で国際便発着計画を拡大、6万回から9万回に

【読売】 ▽海外原発受注会社を秋にも設立-政府・電力3社などが出資

【産経】 ▽社民、連立離脱へ-普天間飛行場の県内移設で日米合意の場合

【東京】 ▽景気「緩やかに回復」が6割、二番底の懸念は拮抗-主要企業調査

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE