中国人民銀:世界の景気回復に向け柔軟な政策維持へ-年次報告

:中国人民銀行(中央銀行)は、 世界的な景気回復をめぐる「状況の変化」とリスクの高まりに対応 し、柔軟な政策を維持することを約束した。

人民銀はウェブサイトに掲載した金融市場に関する年次報告 で「世界経済は2010年に回復する可能性があるものの、回復の基 盤はまだ脆弱(ぜいじゃく)であり、各国の経済成長率の相違やマ クロ経済政策のシフトにより複雑化している」との認識を示した。

中国経済自体は過熱リスクが高まっているものの、欧州債務危 機を背景に、同国当局者の間では世界的な不況の再発を懸念する声 が高まっている。人民銀は「適度に緩和的な」金融政策を維持する 方針を表明した。

ウニクレディトとソシエテ・ジェネラルは、米格付け会社スタ ンダード・アンド・プアーズ(S&P)が27日、ギリシャとポル トガルの長期債務格付けを引き下げたことで、中国が元の事実上の ドル・ペッグ(連動)解除を先送りするとの見方を示している。人 民元のフォワード(先渡し)は約1カ月ぶりの大幅安となった。

バンク・オブ・アメリカ・メリルリンチは、人民銀が利上げを 実施する可能性は「ますます低くなっている」との見方を示した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE