元高・ユーロ安、対ドルで上昇容認先送りを示唆-ウニクレディト

中国人民元が対ユーロで1年ぶり の高値を付ける中、ウニクレディトとソシエテ・ジェネラルは、欧州 向け輸出で中国の競争力が低下するため、同国は元の事実上のドル・ ペッグ(連動)解除を先送りするとの見方を示している。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。