【コラム】米ディズニーがギリシャ買収?-シュローダーの近未来記事

これはコラムニストのアリス・シ ュローダー氏が欧州の債務危機の今後を「予見」した記事である。2011 年1月5日の記事は、こんなものかもしれない。

米モルガン・スタンレーは10年、米メディア・娯楽会社ウォル ト・ディズニーによる1200億ドル規模(約11兆1800億円)のギリシ ャ買収案件を手掛け、世界の企業合併・買収(M&A)の担当業務で トップとなった。

モルガンが手数料を大幅に引き下げてまでも同業務を獲得したこ とについて、ジェームズ・ゴーマン最高経営責任者(CEO)はギリ シャという国家が179年にわたる独立に終止符を打つことになる案件 で引き受けを勝ち取るのは、自らが率いる企業が金融危機から回復し たことを世界に知らしめることになるからだと説明した。

ゴーマンCEOは「ひとたび絶体絶命の危機を経験すると、自社 の存続を確保することだけに集中するようになる」と説明、「別の誰か が3000年の歴史を維持できようができまいが、自社の顧客に十分にサ ービスを提供できる限り知ったことではない」と語った。

買収条件の中には、ギリシャのパパンドレウ首相がアクロポリス に設けられる新たなテーマパーク「ユーログリース・パーク」で来客 を出迎える仕事が盛り込まれている。ディズニーがそうした文化遺産 を買収する上で、モルガンは600億ドルの普通株発行と600億ドル規 模の債務引き受けをアレンジした。

ゴールドマンの位置

欧州連合(EU)に対するアドバイザー業務は、米ゴールドマン・ サックス・グループに代わってスイスのUBSが担った。顧客を欺い たとして提訴されたゴールドマンが米証券取引委員会(SEC)との 間で、民事上の詐欺について肯定も否定もせずに和解したことも一因 となっている。

ギリシャの買収ではディズニーとともに、ゴールドマンのプライ ベート・エクイティ・グループが同国の15%を取得した。ドイツのメ ルケル首相を中心とした一部の欧州諸国は、ギリシャの国内総生産 (GDP)3330億ドルに比べ、ディズニーとゴールドマンによる買収 額は過小評価だとかみついた。しかし、残りの諸国はかつての独立 国 ギリシャが無価値だと指摘、支払い義務が同国国民の返済能力を上回 るペースで膨らんでいるからだと説明した。

妥当性に関する意見書の中でUBSは、ギリシャの手つかずの無 形資産と世界最大のメディア・娯楽会社であるディズニーがその技術 力を発揮するシナジー効果で、財政赤字が対GDP比13.6%に達して いる状況は改善され得ると指摘。ギリシャに対しては、ディズニー以 外では唯一アルバニアが合併案を提示。その条件には、EUへの現金 による返済を一切行わないことが含まれていた。

テーマパーク

「スペース・マウンテン・オリンポス」やエーゲ海版の海賊アト ラクション、ジェットコースターの「リトル・マーメイド」などはす でに建設中だ。

ディズニーのアイガーCEOは、ギリシャのテーマパークでの採 算性向上に向け、ゴルフをテーマにした3隻の船(アフロディーテ、 アルテミス、アテナ)によるクルーズに期待しており、13年の創業開 始を予定している。3隻の船は、今回の買収でディズニーが取得した 1400ほどのプライベートアイランドの多くに立ち寄る。

こうしたアトラクションが充実すれば、ギリシャへの観光客数は 大幅に増加する見込み。現在は年間1600万人で、海に隔てられて孤立 し無価値と考えられていた土地がカネを生み出し、年間450億ユーロ の赤字を生み出すギリシャの国庫の穴を埋めることが期待される。

ギリシャ神話

ディズニーはまた、さらに議論の余地がある計画を進めている。 アイガーCEOは「『ギリシャ』のような当社ブランドは極めて強力だ」 とし、「ギリシャはアリストテレスを輩出している。ディズニーにはミ ッキーマウスがいる。しかし、革新が必要だ」と語った。

これまで、ディズニーは映画「ヘラクレス」を除き、ほとんどギ リシャ神話や同国の歴史を題材にした娯楽を生み出してきていない。 ギリシャの神々の起源は近親相姦や強姦に彩られており、また古代ギ リシャ人の間ではホモセクシュアルが広がっていたことなどから、フ ァミリー向け企業であるディズニーの題材には不向きだった。

モルガンの届け出によると、ギリシャはディズニーに対し新たに 「ディズニー・オデッセイ・ディビジョン」を作ることでブランド拡 大を図ることを提案したという。

次の案件は

ゴーマンCEOは「当社は、世界の商取引の表情の変化を代表す るようなこの画期的な案件に携わることができたことを誇りに思う」 と語った。「ディズニーが最近発表したデンマークへの提案を実行する 上で、当社がギリシャの案件で経験したことがチボリ公園に関する戦 略を推進する上で不可欠だと考える」と付け加えた。

市場は前日、酒造最大手の英ディアジオがアルコール飲料の生産 と消費で有名な3カ国(アイルランド、スペイン、ポルトガル)と交 渉中だという報道を含め、似たような案件についての観測でにぎわっ ていた。ディアジオの広報担当者に電話取材を試みたが、応答は得ら れていない。(アリス・シュローダー)

(アリス・シュローダー氏はブルームバーグ・ニュースのコラムニス トです。コラムの内容は同氏自身の見解です)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE