アジアの公社債保証コストが上昇、2カ月ぶり高水準-CDS取引

28日のクレジット・デフォルト・ スワップ(CDS)市場で、アジアの公社債保証コストが上昇し、2 カ月ぶりの高水準となっている。米格付け会社スタンダード・アンド・ プアーズ(S&P)がギリシャの長期債務格付けをジャンク級(投資 不適格級)に引き下げたことに反応した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。