EUに支援対象の拡大求める圧力強まる-ギリシャ格下げで市場大荒れ

欧州の債務危機の深刻化に伴い、 欧州連合(EU)の政策当局者らに支援策の対象をギリシャ以外の国 に拡大するよう求める圧力が強まっている。米格付け会社スタンダー ド・アンド・プアーズ(S&P)が27日、ギリシャの長期債務格付け をジャンク級(投資不適格級)に引き下げた後、イタリアからポルト ガル、アイルランドに至る各国の借り入れコストは上昇した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。