豪1-3月CPI:前期比0.9%上昇-インフレ加速

オーストラリアの2010年1-3月 (第1四半期)の消費者物価指数(CPI)は前期から伸びが加速し た。これにより豪準備銀行(RBA、中央銀行)が利上げを継続する 公算が一段と高まる。

豪統計局が28日発表したCPIは前期比0.9%上昇。ブルームバ ーグ・ニュースがまとめたエコノミスト22人の予想中央値では同

0.8%上昇が見込まれていた。09年10-12月(第4四半期)は同0.5% 上昇。第1四半期の前年同期比は2.9%上昇だった。

CPI統計を受けてRBAへの利上げ圧力がさらに強まる可能性 がある。資源開発プロジェクト向け投資の急増に伴って、賃金上昇を 招く恐れのある熟練労働者の不足が深刻化しており、インフレ圧力が 高まっている。

1-3月期はガソリン価格が4.2%、医薬品価格が13.3%それぞ れ上昇した。一方、果物は5.7%低下した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE