米デュポン:契約社員の5000人再雇用の公算、需要回復で-CEO

米3位の化学メーカー、デュポ ンのエレン・クルマン最高経営責任者(CEO)は、需要回復に伴 い、昨年レイオフ(一時解雇)した契約社員1万人のうち最大半数 を再雇用する可能性があることを明らかにした。

同CEOは27日に記者団との電話会議で、2010年7-12月 (下期)の見通し改善を理由に、同社エコノミストらは今年の世界 経済の成長予想を3.2%に上方修正したと語った。昨年12月時点で は3%。広報担当のアンソニー・ファリナ氏はこの日、10年1-3 月(第1四半期)決算の販売量が前年同期比で19%増加したことを 明らかにしている。増加率は少なくとも1978年以降で最大だった。

同社はアジアでの需要急増の恩恵を受けている。太陽電池の部 品を含むエレクトロニクス関連や、塗料・プラスチックなど自動車 向け素材の売り上げが寄与して、同地域の売上高は71%増えた。ク ルマンCEOは世界中の自動車生産台数が今年は13%増と、伸び率 は従来予想(9%増)を上回るとの見通しを示した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE