トルコ・リラ、約3カ月ぶりの大幅安-ギリシャ、ポルトガル格下げで

27日の外国為替市場で、トルコ の通貨リラはほぼ3カ月ぶりの大幅安となった。ギリシャとポルト ガルの格下げをきっかけに新興市場国の資産が売られた。

リラは対ドルで一時、前日比2%安の1ドル=1.5048リラまで 下落し、日中の取引としては2月4日以来、最大の下落率となった。 イスタンブール時間午後7時43分(日本時間28日午前1時43分) 現在は、前日比1.8%安の1ドル=1.5013リラ。

JPモルガン・チェースのエコノミスト、ヤーキン・セベチ氏 (イスタンブール在勤)は「南欧を中心に一段とネガティブなニュ ースが出てくるリスクはかなり大きい」とした上で、リラ相場は 「それがなければ、トルコのファンダメンタルズ(経済の基礎的諸 条件)と金融引き締め見通しにより、向こう数日間にいくらかの回 復余地がある」と指摘した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE