ギリシャ国債保有者:最大24.5兆円損失も、デフォルトなら-S&P

ギリシャがデフォルト(債務不 履行)に陥れば、ギリシャ国債の保有者は最大2000億ユーロ(約 24兆5000億円)を失う可能性がある。米格付け会社スタンダード・ アンド・プアーズ(S&P)が指摘した。

S&Pは、ギリシャが債務を返済できなければ、債券保有者は 投資の30-50%しか回収できない恐れがあるとの見方を示した。ブ ルームバーグが集計したデータによれば、同国の発行済み債券は約 2960億ユーロ。S&Pは27日、ギリシャの長期信用格付けを「B B+」へ3段階引き下げ、ジャンク級(投機的格付け)としている。

ギリシャの2年債利回りは、ジャンク級への格下げが国債保有 者の売りを誘発する中、1カ月前の4.6%から一時19%まで急上昇。 ギリシャが債務の返済遅延か減免を債権者に求めるとの懸念が強ま っている。

INGグループの投資適格級債戦略責任者、パドライク・ガー ビー氏(アムステルダム在勤)は「いまや市場のセンチメントとい うだけでなく、主要な格付け会社がギリシャ債をジャンク級とみな している」と指摘した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE