独首相に与野党が圧力-ギリシャ救済「債権銀行の関与が不可欠」

ドイツのメルケル首相は、与野 党からギリシャ救済に債権銀行を関与させるよう求められており、 救済がさらに遅れる可能性もある。

メルケル首相率いる与党キリスト教民主・社会同盟(CDU・ CSU)で金融問題の広報担当を務めるハンス・ミヒェルバッハ氏 はベルリンでのインタビューで「ギリシャ問題の解決方法を探る上 で、債権銀行が関与することは不可欠だ」と述べ、「債務の再編に は当然リスクが伴うが、ギリシャの債権銀行は責任を逃れ、欧州各 国の納税者にその付けを払ってもらおうなどと期待してはならな い」と述べた。

ドイツの野党・社会民主党(SPD)のシュタインマイヤー下 院院内総務は26日、ギリシャ救済に関して議会を支持するかどう かは「ギリシャ問題解決に向けて、債権銀行が関与する方法や手段」 を見極めてからになると述べた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE