中国は4-6月期に元高容認が必要にも、インフレ圧力上昇で-中国紙

中国国務院発展研究センター の巴曙松副所長は、中国が4-6月(第2四半期)に人民元を上昇 させることが必要になるかもしれないとの認識を示した。輸出が大 幅に増加しインフレ圧力を生むと予想されることが理由。中国紙、 中国経済時報とのインタビューで語った。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。