ユーロ相場の中期見通しは「極めて厳しい」、ギリシャ危機で-RBS

ユーロ相場の中期的見通しは引 き続き「極めて厳しい」と英銀ロイヤル・バンク・オブ・スコット ランド・グループ(RBS)は指摘する。ギリシャの債務危機が長 引き、欧州圏の他の国々に波及する恐れがあるためだという。

為替ストラテジストのグレッグ・ギブズ氏(シドニー在勤)は 27日のリポートで、ギリシャ問題が短期的にどのように決着する かにかかわらず、「投資家はユーロについて、予見可能な将来にわ たり引き続きアンダーウエートとし、問題の短期的解決を見込んだ ショートカバー(買い戻し)によるユーロ上昇は限定的だろう」と 予想した。

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 野崎 ひとみ Hitomi Nozaki +81-3-3201-3549 or hnozaki@bloomberg.net    Editor:Akiko Kobari 記事に関する記者への問い合わせ先: Daniel Tilles in London at +44-20-7673-2649 or dtilles@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Justin Carrigan at +44-20-7673-2502 or jcarrigan@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE