中国商務相、国益に合えば元高容認と発言-デフフト委員

欧州連合(EU)の行政執行機関、 欧州委員会のデフフト委員(通商担当)は、中国の陳徳銘商務相が自 国の利益となる場合のみ、中国は人民元上昇を容認すると発言したこ とを明らかにした。

デフフト委員は陳商務相との初会談後に北京で記者会見し、「陳 商務相は中国経済の利益となる場合のみ、人民元相場の変更を容認す るとの立場をあらためて表明した」と述べた。

デフフト委員によると、陳商務相はまた、人民元は過小評価され ていないとも発言したという。今回の会談では米中貿易のほか、多角 的通商交渉(ドーハ・ラウンド)についても話し合われた。

中国は人民元の対ドル相場を2008年7月以降1ドル=6.83元 前後で事実上固定させており、米議会はこれが中国の輸出企業を支援 しているとして非難している。また、ガイトナー米財務長官が今月、 為替報告の公表を延期してからは、人民元切り上げが近いとの観測が 強まった。

デフフト委員は「どのような手法を用いても、人民元は過小評価 されているという事実に到達するだろう」と述べ、中国は「自国の経 済の利益にかなう場合にのみ元高を容認するとしているが、そう結論 付けざるを得なくなると思う」と続けた。

--Kevin Hamlin. Editors: Paul Panckhurst, Lily Nonomiya.

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: ニューヨーク 名子 知子 Tomoko Nago-Kern +1-212-617-2407 tnagokern@bloomberg.net: Shigeru Chiba Fumihiko Kasahara +813-3201-3761 fkasahara@bloomberg.net Editor: 記事に関する記者への問い合わせ先: Kevin Hamlin in Beijing on +86-10-6649-7573 or khamlin@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Chris Anstey at +65-6212-1130 or canstey@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE