バークレイズのSIVめぐる訴訟、仏オッドの請求棄却-NY州地裁

フランスの資産運用会社オッ ド・アセット・マネジメントが、英銀バークレイズの設立したストラ クチャード・インベストメント・ビークル(SIV、投資目的会社) は「不良債権の処分場」として利用されていた主張し、バークレイズ と英ヘッジファンドのソレント・キャピタル・パートナーズに損害賠 償を求めていた訴訟で、ニューヨーク州地裁のバーバラ・カプニック 判事はオッドの主張をすべて棄却する判決を下した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。