午後の日経平均株価はプラス圏浮上、ハイテクが堅調-業績期待強い

午後の日本株相場は下げ渋り、日経 平均株価がプラスに転じた。同指数の押し上げ寄与度上位を見ると、経 費削減効果で前期最終利益が従来計画の減益から一転、増益になったも ようのコニカミノルタホールディングスをはじめ、ファナック、ソニ ー、京セラ、信越化学工業、ニコンなどが並び、回復傾向が鮮明な海外 景気の恩恵を受けやすいハイテク株が相対的に堅調な値動き。本格化し ている企業業績に対する期待感の強さをうかがわせている。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。