大日本住友株が安値、米医療改革のマイナス影響大-精神病領域多い

国内製薬中堅の大日本住友製薬株 が一時前日比3.6%安の804円と急反落し、年初来安値を更新。精神 病領域の医薬品を数多く有しており、米国の医療保険制度改革に伴う 値下げ圧力のマイナスの影響が、相対的に大きいと警戒された。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。